マルウェアを判別しダウンロードを自動的にブロック、「Google Chrome 32」を公開(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

マルウェアを判別しダウンロードを自動的にブロック、「Google Chrome 32」を公開(Google)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 Googleは14日、Webブラウザ「Google Chrome 32」を公開した。2013年11月にリリースされた先行版に対する安定版となる。 WindowsとChrome Frameではバージョン32.0.1700.76、MacとLinuxではバージョン32.0.1700.77が正式な数字となる。

 旧バージョンからの修正や新機能はいくつかあるが、新機能として、まずタブへ追加された音声、ウェブカメラ、放送のアイコンがあげられる。タブにスピーカーのアイコンを表示させることで、複数のタブを開いている場合に、音声を再生している画面を見つけやすくなった。ウェブカムを使用中の画面や、TV放送中の画面も同様にタブのアイコンで見つけることができる。

 Safe Browsingは強化され、マルウェアを判別し、ダウンロードを自動的にブロックする。

 家族でブラウザを利用するときのために「supervised user」(=監督対象ユーザー)機能も導入した(ベータ版)。管理者(メインアカウント)はsupervised user(サブアカウント)の履歴を確認したり、閲覧制限を設定したりできる。

 Windows 8 Metro向けChromeは、表示デザインも新しくなった。組み込まれた「app launcher」からお気に入りの「Chrome Apps」を素早く見つけることができる。またスクロールバーなど標準設定のUIを変更している。

 セキュリティでは従来バージョンから11件の脆弱性が修正されている。

「Google Chrome 32」を公開……タブで音声を探す

《高木啓@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×