次世代ファイアウォール向け最新OSを提供開始(パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

次世代ファイアウォール向け最新OSを提供開始(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、サイバー攻撃の脅威検知と防御機能を向上させた次世代ファイアウォール向け最新OS「PAN-OS 6.0」を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パロアルトネットワークス合同会社は1月15日、サイバー攻撃の脅威検知と防御機能を向上させた次世代ファイアウォール向け最新OS「PAN-OS 6.0」を提供開始したと発表した。サポート契約を締結している同社ユーザすべてに提供される。最新版では、サンドボックス検査とマルウェア検知をPDF、Office文書、Java、APKのファイルタイプに拡張、ファイルを可視化するとともにシグネチャを配信する。

また、クラウド型のWildFireでは、新しくWindows 7およびAndroidでのサンドボックス分析に対応し、アプリケーションやOSに対するゼロデイ攻撃も振る舞いベースの分析で迅速に検知することが可能になった。DNS通信のパッシブモニタリングおよびDNSシンクホール機能により、悪意あるドメインのデータベースを構築、最先端のサイバー攻撃のクリティカルなC&Cの通信を発見・遮断、感染端末を封じ込める。インシデント対応データの一画面ビューも刷新した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×