ATM ハッカー Barnaby Jack の死因は偶発的な薬物過剰摂取~ビール、シャンパン、ベネドリル、ザナックス、ヘロイン、コカイン……(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

ATM ハッカー Barnaby Jack の死因は偶発的な薬物過剰摂取~ビール、シャンパン、ベネドリル、ザナックス、ヘロイン、コカイン……(The Register)

この、35 歳のニュージーランド人が突然に逝去したのち、セキュリティ研究のコミュニティにいる彼の仲間たちは、オンラインに数多の賛辞のコメントを残した。

国際 TheRegister
エリートハッカー Barnaby Jack の早すぎる死は、偶発的な薬物の過剰摂取によるものであったことが、検死の結果により結論づけられた。

ラスベガスのステージでキャッシュマシンのハッキングをライブ実演し、その後はスマート医療機器における不安を強調したことで有名となった Jack は、昨年 7 月サンフランシスコの自宅で遺体となって発見された。それは、彼が電子医療用インプラント(心臓移植などの機器)のハッキングについて講演を行うことになっていた Black Hat カンファレンスがラスベガスで開催される数日前のことだった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×