高速接続が要求されるデータセンター向けファイアウォールを発売(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

高速接続が要求されるデータセンター向けファイアウォールを発売(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、データセンターファイアウォール「FortiGate-3700D」の販売および出荷を日本で開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は1月8日、データセンターファイアウォール「FortiGate-3700D」の販売および出荷を日本で開始したと発表した。同製品は、160Gbpsの高スループットと2マイクロ秒の超低レイテンシを実現し、セキュリティソリューションがデータセンターのボトルネックとなってしまう問題を解決するもの。コンパクトな3Uフォームファクタに4つの40 GbEインタフェースと28の10 GbEインタフェースを搭載している。

アーキテクチャ、サービス、機能、ポリシーに基づいて物理または仮想ネットワークのセグメント化が可能となっており、仮想ドメイン(VDOM)機能により単体のFortiGateユニット・クラスタを複数の仮想ユニットに分割し、独立したユニットとして機能させることができるなど、包括的な仮想化機能を実現した。IPS機能、アプリケーション制御も搭載し、IPv6環境もサポートする。すべてのセキュリティ機能をひとつのビューで管理可能で、管理業務の負荷を軽減することが可能になっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×