DARPA、200 万ドルの「セキュリティのバグたたき」の挑戦でハッカーたちの才能を徴募する~Capture the Flag のコード競争に破格の賞金(The Register) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

DARPA、200 万ドルの「セキュリティのバグたたき」の挑戦でハッカーたちの才能を徴募する~Capture the Flag のコード競争に破格の賞金(The Register)

セキュリティ業界の一部は、「自動化したコードチェッカーが人力に打ち勝つ」という考えを嘲笑っているものの、セキュリティソフトウェア企業のリクルーターたちが、成功したプレーヤーに、有利な雇用条件で接触するようになることは間違いない。

国際 TheRegister
米国国防高等研究計画局(DARPA)は、最新の Grand Challenge に参加するハッキングコミュニティのメンバーを募集している:この大会は「セキュリティホールを発見し、それを修復できる新しいコードのソフトウェア」の構築を目的とした、高額の賞金がかけられたコンテストである。

DARPA のプログラムマネージャ Mike Walker は、金曜日(編集部註:2013 年 12 月 6 日)の記者会見で語った。「我々は専門家たちによるコミュニティ、コンピュータセキュリティのコミュニティ、そして、かつて彼らが競い合い、自身のスキルを測定していたコンテスト『Capture the Flag』のサーキットを見守ってきた」

この 4 年間、Walker は「DEF CON」のコンペティション(ハッカーの一団がシステムを攻防する競争の場)の考案の手助けをしてきた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×