「REGZA Tablet AT703」のOSをAndroid 4.3にバージョンアップ(東芝) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「REGZA Tablet AT703」のOSをAndroid 4.3にバージョンアップ(東芝)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 東芝は12日、10.1型Androidタブレット「REGZA Tablet AT703」のOSをAndroid 4.3にバージョンアップするソフトの提供を開始した。Miracast対応のワイヤレスディスプレイ機能などが追加された。

 「REGZA Tablet AT703」は6月に発表された10.1型Androidタブレットで、WQXGA(2,560×1,600ピクセル)のタッチパネル液晶を搭載。プロセッサがTegra 4(1.8GHz)、メモリ2GB、ストレージ32GBのハイスペックAndroidタブレットだ。

 Android 4.3へのバージョンアップで、マルチユーザー機能で「制限付きプロフィール」機能が利用できるようになるほか、Miracast対応のワイヤレスディスプレイ機能、Webカメラ(背面)で動画手振れ補正機能、暗い環境での撮影画質を改善、TruCaptureで画像処理の速度を改善といった機能が追加された。

 アップデートは専用アプリ「TOSHIBA Service Station」より行う。

東芝、「REGZA Tablet AT703」のOSをAndroid 4.3にバージョンアップ……Miracastにも対応

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×