NSA は世界のコンピュータネットワークに「50,000 のマルウェア・スリーパーセル」をインストールした~政府のツールは、どうやらブラジルにも浸透したらしい(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

NSA は世界のコンピュータネットワークに「50,000 のマルウェア・スリーパーセル」をインストールした~政府のツールは、どうやらブラジルにも浸透したらしい(The Register)

最新の NSA の漏えい情報で紹介された変り種のマルウェアは、ブラジル(米国のサイバースパイ活動の馬鹿げた行動に関して不満を言うとき、最も声高だった国のひとつ)およびメキシコのシステムへのアクセスにバックドアを設置した。

国際 TheRegister
米国の NSA は 2012 年の半ばまでに、世界の 50,000 のコンピュータネットワークで、「スリーパーセル」――マルウェアに感染した遠隔制御可能なコンピュータ――の軍隊を設立していた。これは、内部告発者 Edward Snowden の最新の漏えいによる情報だ。

オランダの新聞 NRC Handelsblad は、NSA のエリートハッキング部隊 TAO(Tailored Access Operations)がマルウェアを利用し、世界中に伸ばした触手でゾンビ軍隊を設立していたと報じている

そのマルウェアは侵入先の PC で指令を待つスパイ(sleeper agent)として機能する。それはアクティベートされてデータの収穫を開始するまで、数か月あるいはそれ以上の間、そこで待ち続け…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×