クラウド型の企業向けエンドポイント製品を発表、クラウドも今後の軸に(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

クラウド型の企業向けエンドポイント製品を発表、クラウドも今後の軸に(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は12月4日、同社初となるクラウド型の企業向けエンドポイントセキュリティソリューション「Sophos Cloud Endpoint」を発表した。利用料金は、1ユーザあたり年間2,665円(100ユーザの場合)。なお、30日間の無償評価版も同日より提供開始している。またソフォスは、クラウドベースの全体的なセキュリティソリューションの総称として「Sophos Cloud」を軸とし、クラウドベースのセキュリティソリューションを随時リリースしていく予定だという。

「Sophos Cloud Endpoint」には、WindowsとMac OS Xに対応するマルウェア脅威対策機能「Sophos Anti-Virus」、(定義ファイル反映前の最新のマルウェアかどうかをリアルタイムで確認する「Sophos Live Anti-Virus」、(SophosLabsが管理するクラウド上の悪質なURLリストをリアルタイムで確認する「Sophos Live Web Filtering」、デバイス制御を行う「デバイスコントロール」、クラウド型集中管理ツール「Management Console」(2014年夏に日本語化予定)が含まれている。
《麻生裕一》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×