「FFR yarai」を米国でも販売開始、現地に即したサポートも提供(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

「FFR yarai」を米国でも販売開始、現地に即したサポートも提供(NRIセキュア)

NRIセキュアは、FFRIが国内で開発したサイバー攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」の英語版を、米国に拠点を持つ法人向けに12月1日から販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は12月5日、株式会社FFRIが国内で開発したサイバー攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」の英語版を、米国に拠点を持つ法人向けに12月1日から販売開始したと発表した。「FFR yarai」は、PCやタブレット端末などのエンドポイントに導入することで、標的型攻撃からの防御を行うソフトウェア。4つのヒューリスティックエンジンにより、標的型攻撃の特徴をさまざまな角度から分析し、未知の脅威について高い精度で検知・防御することが可能。

NRIセキュアではこれまで、米国でFNCサービスを提供し、ゲートウェイ型の対策を支援してきた。これに加え、エンドポイント型の対策である「FFR yarai」の英語版を提供することで、日本国内と同様に米国拠点でも企業の情報システムを標的型攻撃から多層的に防御することを可能とした。NRIセキュアは、「FFR yarai」を2014年末までに米国で約50社の企業に販売すると計画している。また同社は「FFR yarai」英語版を提供に合わせ、自社のセキュリティコンサルタントによる導入支援や運用サポートを英語で、また現地のビジネスアワーに合わせて提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×