メールの誤送信における多層防御を実現するクライアントソフトを刷新(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

メールの誤送信における多層防御を実現するクライアントソフトを刷新(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は12月3日、メールの誤送信対策ソリューション「m-FILTER MailAdviser」Ver.2を同日より発売開始したと発表した。本製品は、ポップアップ画面で送信者自身に「気付き」を与えるクライアントPC向けのスタンドアロン型ソフトウェア。今回のバージョンは、2013年7月1日付でNRIセキュアテクノロジーズ株式会社からの本ソフトウェア事業譲受の後、「m-FILTER」ブランドとして初のリリースとなり、ブランドイメージの統一なども図られている。

同社ではゲートウェイ型の総合メールセキュリティソフトウェア「m-FILTER」も提供しており、「m-FILTER MailAdviser」と同時に利用することでメールの誤送信における多層防御を実現、情報漏えいインシデントとなり得るメール誤送信を効果的に防止できるとしている。また、同時利用の際の優遇価格も設定している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×