中小規模ネットワークの可視化に最適化したモニタリングスイッチ(イクシア) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

中小規模ネットワークの可視化に最適化したモニタリングスイッチ(イクシア)

イクシアは、リモートオフィスや支店などの中小規模ネットワークにエンタープライズクラスの可視化機能を提供するネットワークモニタリングスイッチ「Net Tool Optimizer(NTO)」の新製品群を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
イクシアコミュニケーションズ株式会社(イクシア)は11月26日、リモートオフィスや支店などの中小規模ネットワークにエンタープライズクラスの可視化機能を提供するネットワークモニタリングスイッチ「Net Tool Optimizer(NTO)」の新製品群を発表した。これは11月20日に米Ixia社が発表したもの。新製品である「NTO 2112」および「NTO 2113」は、同社のエンタープライズクラスのNTOの主要機能を、中小規模のネットワークに必要なポート容量とエントリーレベルの価格で提供する。

新製品は導入が容易な上に、コストを抑えてネットワークを可視化できることが特長。特に「NTO 2113」は、同類製品の中で唯一、パケットフィルタリング、ロードバランシング、パケット重複排除、パケットトリミング、高度なヘッダーストリッピング、バーストプロテクションなど、完全な機能を備えたネットワークモニタリングスイッチとなっている。新製品では、ネットワークとモニタリングツールをインテリジェントに接続し、ネットワークトラフィックの集約、フィルタリング、ロードバランシング、重複排除によって、既存ツールをさらに有効活用することができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×