オンライン銀行向けセキュリティソフトの無効化マルウェアがZBOTと関連(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

オンライン銀行向けセキュリティソフトの無効化マルウェアがZBOTと関連(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、新たな活動をする従来型の不正プログラムによる攻撃を「トレンドラボ」が確認したと同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は11月15日、新たな活動をする従来型の不正プログラムによる攻撃を同社「TrendLabs(トレンドラボ)」が確認したと同社ブログで発表した。この不正プログラムは、トレンドマイクロの製品では「BKDR_SINOWAL.COP」として検出され、特にセキュリティベンダ「Trusteer」のオンライン銀行向けのセキュリティソフトである「Trusteer Rapport」の無効化を試みる。「Trusteer Rapport」は、フィッシング攻撃および「Man in the Browser(MitB)攻撃」からユーザを守るソフトウェア。

トレンドラボは、この脅威についてTrusteerと連絡を取っており、攻撃者が「Trusteer Rapport」の無効化には成功していないことを確認している。しかし、「BKDR_SINOWAL.COP」は自身ではMitB攻撃を実行する機能を備えていない。つまりこの不正プログラムは、この種の攻撃を成功させるためにプラグインコンポーネントや他の不正プログラムを必要とする。それは「BKDR_ANDROM.LSK」として検出される「BKDR_ANDROM」ファミリの亜種が含まれる圧縮ファイルで、メールの添付ファイルとして侵入する。攻撃者は「BKDR_SINOWAL」の特別な攻撃を防ぐソフトウェアを無効化する機能を利用し、オンライン銀行詐欺ツール「ZBOT」のWebサイトへの挿入によるMitB活動の成功率を高める意図があると同社ではみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×