警視庁とサイバー犯罪に官民共同で対処する協定を締結(ALSOK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

警視庁とサイバー犯罪に官民共同で対処する協定を締結(ALSOK)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ALSOK(綜合警備保障)は11月12日、警視庁とサイバー犯罪に官民共同で対処する協定を締結した。サイバー犯罪の防止、被害の早期実態把握、拡大防止に、共同で努める。

 具体的には、サイバー犯罪の認知、被害防止などに関して相互協力を行うとともに、捜査に関しても技術的に可能な範囲で協力を行う。また顧客に対する不正アクセス行為、Dos攻撃、ウイルス、フィッシングなどのサイバー犯罪による被害を認知したときには、承諾を得たうえで、警視庁に速やかに通報し、情報連携を図るとしている。

 事件発生後は、警視庁は、ALSOKから通報のあったサイバー犯罪について、ALSOKの事業運営に配慮しつつ、ALSOKからの捜査協力を得て、積極的に事件化を図る。またALSOKは、関係企業に情報提供を行うなど、被害拡大防止や再発防止の措置に努め、警視庁は必要な助言および援助を行う。警視庁は、サイバー犯罪捜査によって得られた有効情報をALSOKと積極的に共有する。

ALSOKと警視庁、サイバー犯罪捜査で協定締結

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×