協業によりクラウド型サーバセキュリティサービスを提供(トレンドマイクロ、シーイーシー) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

協業によりクラウド型サーバセキュリティサービスを提供(トレンドマイクロ、シーイーシー)

トレンドマイクロとシーイーシーは、物理・仮想・クラウド環境のサーバ保護事業で協業すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社と株式会社シーイーシーは10月31日、物理・仮想・クラウド環境のサーバ保護事業で協業すると発表した。この協業にあたりシーイーシーは、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」をベースにした、クラウド型サーバセキュリティサービス「Deep Security IT Protection Service」を11月1日より提供開始する。価格はオープンプライス。シーイーシーは本サービスにおいて、3年間で1,000社の導入を目指す。

Deep Security IT Protection Serviceは、サーバに求められる多様なセキュリティ要件に対し、総合的なセキュリティ対策を提供するクラウドサービス。企業が運用する公開・非公開サーバを包括的に保護し、サービス対象は物理・仮想・クラウドの各形態を問わない。代表的なクラウドサービスであるAWSや、ヴイエムウェア社の製品による仮想環境、物理サーバが混在している企業においても、自動で仮想パッチの適用やクラウド上のインスタンスをリアルタイムに監視でき、セキュリティ管理者の運用負荷を大幅に軽減できる。また、マネジメントサービスをはじめ、IT環境の設定支援やポリシー策定のコンサルティングサービスを提供し、企業の複雑なサーバ環境のセキュリティ対策を支援する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×