ランサムウェア「CryptoLocker」、「ZBOT」を経て感染することで増す脅威(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

ランサムウェア「CryptoLocker」、「ZBOT」を経て感染することで増す脅威(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は10月23日、最新版の「身代金要求型不正プログラム」とされる「CryptoLocker」についてブログで詳細情報を紹介している。「CryptoLocker」は、特定のファイルを暗号化し、その後 300米ドル(または 300ユーロ)の復号化ツールをユーザに示すことにより、代金の支払いを強いるランサムウェア。同社トレンドラボは今月、あるスパムメール活動の報告を受け、これが「CryptoLocker」の感染に関与していると断定した。

この大量に送信されたメッセージは、「TROJ_UPATRE」ファミリに属する不正なファイルが添付されており、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」からのフィードバックを用いて、ランサムウェア「CryptoLocker」と「TROJ_UPATRE」ファミリとを結び付ける情報を確認。そして「TROJ_UPATRE.VNA」として検出される不正なファイルが添付されたメールを確認した。

添付ファイルが実行されると、他のファイルをダウンロードし「cjkienn.exe」として保存する(「TSPY_ZBOT.VNA」として検出)。そして「TSPY_ZBOT.VNA」は、「TROJ_CRILOCK.NS」として検出される「CryptoLocker」をダウンロードする。この脅威によりサイバー犯罪者は、収集した情報を利用し銀行における不正取引を行うことが可能となる。また「CryptoLocker」が原因で、ユーザは個人のファイルや重要なファイルにアクセスすることができなくなる。同社ではこの脅威を「特段厄介である」としている。なお、暗号化にはAES暗号とRSA暗号を併せた方法を利用していることも判明した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

    「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

  2. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  3. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  4. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

  7. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  8. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  9. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  10. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×