Androidアプリの品質向上を支援するツールの最新版を提供開始(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

Androidアプリの品質向上を支援するツールの最新版を提供開始(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」とWebシステム性能測定ツール「Assam WebBench」の最新版の提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは10月21日、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」とWebシステム性能測定ツール「Assam WebBench」の最新版の提供を10月22日から開始すると発表した。最新版の「anyWarp CodeDirector V7.2」では、セキュアなAndroidアプリ開発に向けて23の標準セキュアコーディングルールを追加した。これにより、セキュリティ問題が潜在しているソースコードを検知することができ、アプリの品質向上を実現する。

また、最新版の「Assam WebBench V11.3」では、仮想化環境(VMWare ESX 4.1以降)に対応した。これにより、大規模な負荷テストを実施する際、複数台のクライアントPCを用意する必要がなくなり、性能測定におけるコスト削減を図ることが可能になる。提供価格は、「anyWarp CodeDirector」が1,050,000円(10ユーザライセンス)から、「Assam WebBench Standard Edition」が1,575,000円から。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×