攻撃されるポートはWWWとSSL、DDoS攻撃は50%の増加--四半期レポート(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.25(日)

攻撃されるポートはWWWとSSL、DDoS攻撃は50%の増加--四半期レポート(アカマイ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は10月18日、2013年第2四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。本レポートは、Akamai Intelligent Platformの収集データに基づき、ネットワーク接続性と接続スピード、攻撃トラフィック、ブロードバンドの採用と可用性など、さまざまな要素における世界的な主要統計データに関する見解を示したもの。

同四半期にアカマイが攻撃トラフィックの発信元として観測した国・地域の数は、第1四半期と比べて2つ少ない175カ国・地域であった。この四半期は、第1四半期に21%であったトラフィックが38%へとほぼ倍増したインドネシアが中国を抜いてトップになり、中国は33%(34%から低下)で2位となった。3位には8.3%から6.9%に低下した米国となっている。上位10カ国・地域で観測された攻撃が89%を占めるが、これは前四半期の82%から増加しており、観測された攻撃トラフィックの半分以上はインドネシアと中国から発信されていた。

攻撃対象となったポートは、1位がポート80(WWW:24%)、2位はポート443(SSL:17%)となり、これまで1位となっていたポート445(Microsoft-DS)は15%に低下、3位となった。ポート80および443を対象としたほとんどの攻撃の発信元として観測されたのはインドネシアで、前四半期の80%から90%に増加した。DDoS攻撃については、アカマイのユーザから318件の攻撃が報告された。これは第1四半期の208件から54%の増加となっている。レポートではこのほか、シリア電子軍(Syrian Electronic Army)と名乗るグループが犯行声明を出している攻撃に関する知見、およびスーダンとシリアでのインターネット途絶にともなうアカマイ・トラフィック・アクティビティへの影響調査なども掲載されている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

    ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

  2. KPMG , LAC流「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践活用法(KPMGコンサルティング、ラック)

    KPMG , LAC流「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践活用法(KPMGコンサルティング、ラック)

  3. 重大な脆弱性が各分野で発覚、モバイルを狙うランサムウェアも--四半期レポート(トレンドマイクロ)

    重大な脆弱性が各分野で発覚、モバイルを狙うランサムウェアも--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  4. IT企業を装うフィッシングサイトが急増、そして最短15分で姿を消す(ウェブルート)

  5. ランサムウェア、標的型攻撃など、2016年の脅威を総括したレポート(シマンテック)

  6. 日本のインターネットリスクの高さは183中155位、ただし危険なサーバは多数(Rapid7)

  7. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  8. DDoS攻撃は沈静化の動き、一方で新たなリフレクション攻撃も確認(アカマイ)

  9. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

  10. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×