日本の安全を守るためには、8 万人の情報セキュリティ専門家が「追加で」必要とされている~極東における「傑出した人材」の慢性的な不足(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

日本の安全を守るためには、8 万人の情報セキュリティ専門家が「追加で」必要とされている~極東における「傑出した人材」の慢性的な不足(The Register)

その狙いは、ただ単に人数を増やすだけでなく、「顕著な能力を持った人材」を見出すことにあるようだ――それを口にすることは実現することより容易い。予算が厳しく、さらに卒業生たちが他の職業を選択したいと望みつづけている場合は尚更のことだ。

国際 TheRegister
政府によると、日本では情報セキュリティの専門家が 8 万人不足している。また現在のところ、重要な鍵となる IT システムを攻撃から保護するためには、この業界の半分以上に対して更なるトレーニングを供給する必要があるという。

日本では充分に訓練された情報セキュリティの専門家が慢性的に不足しており、この問題に対処する長期的な計画を立てるために、情報セキュリティの専門家たちによる諮問機関が 6 月に会合を開いた、と共同通信社は報じている

※編集部註:海外においてどのように報道されているかをお伝えするため、本記事は原文を忠実に翻訳しております。

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×