イランのサイバー戦争の司令官、射殺される――革命防衛隊「暗殺だって?『推測』は止めろ」~サイバー戦争の司令部は古くさい手口でボスを失う(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

イランのサイバー戦争の司令官、射殺される――革命防衛隊「暗殺だって?『推測』は止めろ」~サイバー戦争の司令部は古くさい手口でボスを失う(The Register)

今年、西洋諸国を標的に数多くのサイバーテロ攻撃を仕掛けたシリア電子軍のトレーニングにおいて、イランが非常に重要な役割を果たしたという噂は執拗に流れたものの、イランはサイバー戦争の強大な戦力を持つ国として知られてはいない。

国際 TheRegister
イランのサイバーセキュリティの司令官が銃で殺害された。この事件で、彼は暗殺の標的になったのではないかという噂が拡散している。

Cyber War Headquarters の司令官 Mojtaba Ahmadi の遺体はテヘランの北西、Karaj と呼ばれる町から程近い森林地帯で発見された。彼は 2 度にわたって心臓を撃ち抜かれていた。

イスラエルの諜報部隊であるモサドが彼を殺害したのだという噂が広がるのに反して――それはイスラム共和国のサイバー戦争におけるイランの戦闘能力を麻痺させる目的で行われたのだと噂されている――同国の革命防衛隊は、この事件を暗殺と仮定せぬよう警告を発した…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×