スマートフォン版「Mobage」で第三者による不正ログインを確認、他サービスと同一のID・パスワードの利用を控えるよう呼びかけ(DeNA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

スマートフォン版「Mobage」で第三者による不正ログインを確認、他サービスと同一のID・パスワードの利用を控えるよう呼びかけ(DeNA)

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月7日、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」において、第三者による不正ログインがあったことを発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月7日、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」において、第三者による不正ログインがあったことを発表した。

 10月6日に「Mobage」スマートフォン版において、登録ユーザー以外の第三者によって不正ログイン試行が行われていた事象を検知した。その結果、10月3日~6日にかけて、316件の不正ログインが確認された。ニックネーム、生年月日、性別、地域(都道府県)などの登録プロフィール、マイゲームリスト(お気に入りゲーム)などが閲覧された可能性があるという。なお、個人情報、クレジットカード情報の閲覧はされていない。

 同社では、不正ログインされた全アカウントにつき、6日に利用を一時停止した。同時に、本件について個別連絡を行ったとのこと。対策としては、特定IPアドレスからのアクセスを制限するとともに、同様の事象に対応する監視体制を強化した。

 なお、他社サービスから流出した可能性のあるID/パスワードを利用した不正なアクセスと推測されるため、他サービスと同一のID/パスワードの利用を控えるよう、同社では呼びかけている。

スマホ版「Mobage」で不正ログイン……316IDでプロフィール閲覧の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×