非正規の「Microsoft Office」に注意喚起、ウイルスが混入しているケースも(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

非正規の「Microsoft Office」に注意喚起、ウイルスが混入しているケースも(日本マイクロソフト)

脆弱性と脅威 脅威動向

 日本マイクロソフトは10月7日、非正規の「Microsoft Office」に注意するよう呼びかけるページを公開した。非正規品によるトラブルに巻き込まれないように、代表的な被害例、非正規品の見分け方、正規の購入方法などを紹介している。

 それによると最近、非正規品のOfficeを購入したユーザーから「インストールできない」「認証できない」といった問い合わせが急増しているという。非正規品は、悪質な業者により実際には利用できないプロダクト キーをセットにしたものや、日本国内では認証できない他国語版のものがほとんどで、ウイルスが混入しているケースもあるとのこと。

 極端に安い価格で販売されている場合に注意するとともに、企業向けの「Office Professional Plus」、日本未発売の「Office Home and Student」「Office 365 Home Premium」が販売されている場合も要注意だ。また、Office Personal 2013、Office Home & Business 2013、Office Professional 2013にはメディアが添付されておらず、インターネット上からイメージをダウンロードしてインストールするようになっており、メディアが添付されているものは、すべて非正規品または偽物ということになる。

非正規の「Microsoft Office」でトラブル……日本MSが注意喚起

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×