Javaの脆弱性を悪用する新たなバックドア型不正プログラム(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

Javaの脆弱性を悪用する新たなバックドア型不正プログラム(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は10月4日、同社が9月初旬に確認した新しいバックドア型不正プログラム「BLYPT」の検証結果をブログで報告している。こ現時点での検証では、このバックドア型不正プログラムは、Javaの脆弱性を突くエクスプロイトコードを介してインストールされ、このエクスプロイトコードを拡散するために利用される「ドライブバイダウンロード」攻撃あるいは改ざんされたWebサイトのどちらかを経由して感染PC上に侵入することが判明している。

また、今回のバックドア型不正プログラムの検証の結果、攻撃に関連するサーバは、ルーマニアおよびトルコを中心に拠点を置いていることが明らかになった。2013年9月20日時点において、主に米国のユーザが今回の脅威の影響を受けており、産業別では一般ユーザがもっとも影響を受けていることが判明している。同社では、メインとなるBLYPTコンポーネントが保存されるファイル名を元にBLYPTファミリの2つの亜種を特定している。この2つの亜種は、不正活動自体はほぼ同じだが、C&Cサーバ情報に関して保存先などに違いがあが、いずれも感染PC上で攻撃者からのコマンドを実行する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×