疑う店のウェブセキュリティシステム:「我々は 100 人の容疑者を警官に逮捕させてきた」~データを撒き散らす Facewatch のスキームは、より広い展開を希望(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

疑う店のウェブセキュリティシステム:「我々は 100 人の容疑者を警官に逮捕させてきた」~データを撒き散らす Facewatch のスキームは、より広い展開を希望(The Register)

国際 TheRegister

The Register は今年 6 月、甚大なセキュリティ違反により、軽犯罪容疑者の数千の画像が、偶発的にも(外部から)アクセスできる状態になっていたという事実を暴いた。現在、その問題となった CCTV および画像のデータベースの背後にある民間企業は、彼らの技術が 100 人の容疑者の逮捕につながったと主張している。

ロンドン警視庁は、この Facewatch(容疑者に関する情報を交換するため、店のオーナー同士が、およびオーナーと警察が連絡を取り合うことを可能としたウェブサイト)と 12 ヶ月間、共に働いてきた。

このウェブサイトは CCTV の映像、スナップショット、事件の報告書類、その他の証拠を警察へ引き渡すためのプロセスを合理化するものだ。同システムのメーカーは、Facewatch の利用が既に 100 人の逮捕者を生み出す効果を示したと語っており、首都(ロンドン)周辺のさらに多くの店舗が利用を開始することに期待していると話した。彼らは、それらの逮捕から生じた「有罪判決」の数については語っていない…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×