オンライン決済事業者とRSA社のリスクエンジンが結合、3Dセキュアの代替を狙う(ZOOZ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

オンライン決済事業者とRSA社のリスクエンジンが結合、3Dセキュアの代替を狙う(ZOOZ)

ZOOZは、複数のECサイト間に共通する決済インフラを提供することで、ZOOZを利用するどのECサイトでもワンクリックで決済完了するサービスを提供する。すでにVISA、MasterCard、PayPalなどに採用されている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
イスラエルで創業したオンライン決済プロバイダZOOZ社は、9月17日都内でITと金融関係者向けカンファレンスを開催した。

ZOOZは、複数のECサイト間に共通する決済インフラを提供することで、ZOOZを利用するどのECサイトでもワンクリックで決済完了するサービスを提供する。すでにVISA、MasterCard、PayPalなどに採用されている。

ZOOZのソリューションには、セキュリティを担保するために、RSA社のリスク検知エンジンが使われており、カンファレンスでは、来日したイスラエルのRSA社のリサーチャーであるアレックス・ヴェイスティック氏が登壇した。

オンラインショッピングのフロントエンド企業であるZOOZ側が持つ豊富なユーザーデータ(端末やIPアドレス、購買履歴等々)と、RSAのオンライン犯罪や詐欺に関わるデータベースを結合させ分析することで高い精度のセキュリティを提供し、安全でもユーザーエクスペリエンスでも3Dセキュアを上回るという。今後アジア地域での市場展開を行う。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×