個人情報を記録したノートPC、鞄とともに置き忘れ紛失(東洋ドライルーブ) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

個人情報を記録したノートPC、鞄とともに置き忘れ紛失(東洋ドライルーブ)

東洋ドライルーブは、同社社員が個人情報を含む業務用ノートPCの遺失事故を起こしたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東洋ドライルーブ株式会社は9月9日、同社社員が個人情報を含む業務用ノートPCの遺失事故を起こしたと発表した。これは9月2日12時30分頃、同社員が東京都内運行の電車内に、業務用ノートPCを入れた鞄の置忘れをしたというもの。鉄道会社および警察へ遺失の届出を行っているが、現時点では発見に至っていない。

遺失した業務用ノートPCには、同社員の担当業務遂行記録およびメール交信記録(氏名、電話番号、メールアドレス)等がデータとして保存されており、一部社外の方のメールアドレスが記録されていた。なお、当該ノートPCには、ログインパスワードを施すなどのセキュリティ対策を講じており、また、遺失判明後速やかに本社サーバやメールドメインへのアクセス権を遮断している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×