暗号界を根底から揺さぶる NSA の暗号クラッキング:諜報部は RC4 を解読したのか?~技術者たちは HTTPS や VPN の要となっている暗号方式の老朽化を指摘(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.24(日)

暗号界を根底から揺さぶる NSA の暗号クラッキング:諜報部は RC4 を解読したのか?~技術者たちは HTTPS や VPN の要となっている暗号方式の老朽化を指摘(その 1)(The Register)

1987 年に発明されたRC4に対しては、これまで様々な攻撃が開発され、固い意思を持ったハッカーたちは、その暗号を解いてきた。しかし、この技術は現在でも広く使われており――それは Wi-Fi の暗号化方式である WEP にも利用されている。

国際 TheRegister
【分析】HTTPS のウェブサイトや仮想プライベートネットワーク(VPN)で広く利用されている TLS/SSL 接続の技術は NSA にクラックされるということが、内部告発者 Edward Snowden の新しい暴露によって示唆された。

New York Times および関連の出版物による報告書は、その詳細まで語ってはいないものの、それはつまり「一般的な暗号方式である RC4 を、米国の諜報部は確実に解読できる」ということも意味するのではないか、とセキュリティ専門家たちは恐れている。

昨晩(編集部註:2013 年 9 月 6 日)に報告されたとおり、NSA と GCHQ は、ウェブ上のプライバシーを保護するはずの基本的な安全策を破ることができる。それにより諜報部のスタッフは、 VPN トラフィックやオンラインバンキング、オンラインショッピング、その他の暗号化されたコンテンツの内側を覗き見ることが可能である…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×