レポート:中東地域のインターネットに英国の秘密のスパイ拠点~英国保安局は海底の光ファイバーケーブルに触手を伸ばす(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

レポート:中東地域のインターネットに英国の秘密のスパイ拠点~英国保安局は海底の光ファイバーケーブルに触手を伸ばす(The Register)

国際 TheRegister

米国諜報機関の元シスアド Edward Snowden によって秘密のネットワークから暴露された膨大な情報は、英国が海中のコミュニケーションケーブルを利用して地域のインターネットを傍受するために配置している中東の極秘のスパイ基地について詳細に述べるものだと報告されている。

Independent の報道によると、その「秘密の基地」は膨大な量のデータ(メール、通話、ウェブトラフィックなど)を吸い上げる目的で利用されている。

データの受取人は、米国国家安全保障局(NSA)と、チェルトナムにある英国の諜報の神経中枢(GCHQ)であり、それらのデータは本拠地(秘密の基地)において「関心があるかどうか」のふるいにかけられていたと主張されている。

Snowden がコピーした情報の一部をスクープで取り上げた、リベラル寄りの新聞 The Guardian は…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×