ハッカーのことなど忘れろ――情報セキュリティ機関「それより恐ろしいのは嵐や混乱状態だ」~原因は悪意より大雪、EU の研究で明らかに(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

ハッカーのことなど忘れろ――情報セキュリティ機関「それより恐ろしいのは嵐や混乱状態だ」~原因は悪意より大雪、EU の研究で明らかに(The Register)

国際 TheRegister

通信ネットワークに引き起こされる問題は、サイバー攻撃を起因とするものよりも、攻撃とは関係のないシステム障害や自然災害を起因とするもののほうが多いということが、EU のセキュリティ機関による研究で明らかになった。

The European Union Agency for Network and Information Security(欧州ネットワーク情報セキュリティ庁、ENISA)は、動作不能状態の平均的な継続時間について、それがサイバー攻撃に起因する場合は 4 時間であるのに対し、自然――主に嵐や豪雪――に起因する場合は 36 時間にも渡ると報告している。

サイバー攻撃によって引き起こされる、あるいは部分的に引き起こされるインシデントの数は、インシデントの全体数の 8 %であることが判明し…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×