「Android デバイス マネージャー」を公開開始、端末の現在位置表示、リモートで端末のデータを初期化する機能を搭載(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

「Android デバイス マネージャー」を公開開始、端末の現在位置表示、リモートで端末のデータを初期化する機能を搭載(Google)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 端末を紛失した場合、リモートでスマートフォンやタブレットを探したり、そのデータを初期化したりできるGoogleの新サービス「Android デバイス マネージャー」が、8日公開された。

 「Android デバイス マネージャー」は、端末の現在位置表示、リモートで端末のデータを初期化する機能、リモートで音を出させるRing機能などを搭載したGoogleの新サービス。PCや他のAndroid端末と連携して、紛失した際などに探したりリモート操作が可能になる。Android 2.2以上の端末で利用可能。ただし端末の電源が入っていなかったり、ネットワーク外だったりした場合は利用できない。

 データ消去には端末側でも操作が必要。端末側の「Android デバイス マネージャー」アプリの設定で、デフォルトでは「リモートでの出荷時設定のリセットを許可する」にチェックが入っていないので、これにチェックを入れておく必要がある。

 PCからはPC版Google Playストアから専用ページへアクセスすることが可能。Android端末側でも「Google設定」アプリにこの機能に関する設定項目が追加されている。

Google、Android端末を探したりデータを消去できる「Android デバイス マネージャー」公開

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×