クライアント運用管理ソフトとセキュリティ対策製品を連携(キヤノンITS、Sky) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

クライアント運用管理ソフトとセキュリティ対策製品を連携(キヤノンITS、Sky)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は8月1日、Sky株式会社との協同により、企業で利用しているクライアント機器上のウイルス・スパイウェア対策を効率的に管理する連携ソリューションの提供を開始したと発表した。キヤノンITSは、法人向け総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」と、ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」について、Skyが提供するクライアント運用管理ソフト「SKYSEA Client View」で効率的に一元管理できるよう、Skyと協同で製品間連携を実現した。

連携ソリューションでは、SKYSEA Client Viewからウイルス定義データベースのリモート更新が可能になるほか、ウイルススキャンのリモート実行、ウイルスが検出されたクライアントの特定が可能になる。この連携ソリューションは「ESET Endpoint Protection シリーズ」および「SKYSEA Client View」を取り扱う販売代理店を通じて提供が開始される。両社では今回の連携を皮切りに、今後もさらに使いやすい連携ソリューションの開発に取り組んでいくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×