「ユーザーは Chrome のセキュリティ警告を気に留めない」Google の調査で明らかに~ 2,500 万件のブラウザ警告メッセージを追跡調査したところ、「Chrome ユーザーのほとんどは警告を無視」という結果に(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

「ユーザーは Chrome のセキュリティ警告を気に留めない」Google の調査で明らかに~ 2,500 万件のブラウザ警告メッセージを追跡調査したところ、「Chrome ユーザーのほとんどは警告を無視」という結果に(The Register)

その研究は Chrome と Firefox における 2500 万件の警告の効果を収集した。慧眼の The Register 読者は、上記の表が「Chrome ユーザーの大半が警告を無視」という結果をも示唆していると、おそらく気づいただろう。

国際 TheRegister
あなたがネットブラウジングをしているとき、Chrome があなたの選んだウェブサイトを表示せず、代わりに「あなたが表示しようとしているウェブサイトは偽物のページである可能性、あるいはマルウェアを含んでいる可能性がある」という警告を表示したとする。

そんなときあなたは?

a)誰かがツイートで教えてくれた猫の画像をどうしても見たいので、「理解したうえで続行」をクリックする。
b)可愛い仔猫を覗き見したせいで、あなたの銀行口座が空っぽになるような犯罪に巻き込まれるのは割に合わないから、「戻る」をクリックする…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×