Webアプリケーションへの攻撃はより厳しく--Impervaがレポート(Imperva Japan) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

Webアプリケーションへの攻撃はより厳しく--Impervaがレポート(Imperva Japan)

Imperva Japanは、Webアプリケーションに対する攻撃動向をまとめたレポート「Imperva Web Application Attack Report:WAAR)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Imperva Japanは7月24日、Webアプリケーションに対する攻撃動向をまとめたレポート「Imperva Web Application Attack Report:WAAR)」を発表した。本レポートによると、小売業のWebアプリケーションには他の産業と比べ、2倍多くSQLインジェクション攻撃を受けていることが判明した。また、攻撃の回数や攻撃期間についても、より厳しいことが判明している。実際に小売関連のアプリケーションは一連の攻撃の間、平均749回の攻撃を受けていた。

また、本レポートでは、いくつかのアプリケーションは常時攻撃を受けており、米国がWeb攻撃の攻撃拠点のトップであることも判明している。さらに、代表的なアプリケーションは「12日間の戦い」を経験している。「12日間の戦い」とは、少なくともひとつの攻撃が発生しつづけた日数のこと。比較すると、最悪のケースでは6カ月間の観測期間中に176日間、攻撃を受けていた。これは観測期間中のほぼ毎日攻撃を受けていたことを示しており、1分間に平均26回もの攻撃が行われていた。また興味深い分析結果として、典型的な攻撃は5分程度の継続だったのに対し、最悪のケースでは15時間以上続き、約100倍を超える長さであったことを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×