中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューションで協業(日本HP、フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューションで協業(日本HP、フォーティネット)

日本HPとFortinetは、中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューション分野での協業開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)とフォーティネットジャパン株式会社(Fortinet)は7月17日、中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューション分野での協業開始を発表した。この協業によって、今後、HPのサーバおよびネットワークスイッチ製品と、FortinetのUTMアプライアンス製品を統合した新しいセキュリティプラットフォームを商品企画し、ソフトバンクBB株式会社をはじめとする両社の販売パートナーを通じて提供していく。

世界サーバシェアNo.1メーカーである日本HPと、国内UTMシェアNo.1メーカーであるFortinetの協業により、仮想化環境における両社の強みを生かし、サーバからネットワークスイッチ、UTMアプライアンス製品までを統合、事前検証した新たなセキュアITソリューションを提供していく。なお、今後提供される協業ソリューションにより、中堅・中小企業におけるサーバーおよびネットワークの最適な仮想化環境のセキュリティ確保を容易かつ低コストで行うことを可能にするとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×