米国、英国のプライバシー監視機関が政府の監視を抑制する法的訴訟を提起~プライバシープロテクターが最高裁判所と英国裁判所に NSA、GCHQ の抑制を請願(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

米国、英国のプライバシー監視機関が政府の監視を抑制する法的訴訟を提起~プライバシープロテクターが最高裁判所と英国裁判所に NSA、GCHQ の抑制を請願(The Register)

国際 TheRegister

米国と英国の 2 国のプライバシー監視機関が、それぞれの国内の政府による監視業務の削減を――あるいは最低限、業務の内容を明らかにすることを――請願する法的訴訟を提起した。

米国では、電子プライバシー情報センター(Electronic Privacy Information Center、以下 EPIC)が米国最高裁判所に嘆願書(PDF)を提出した。それは「NSA にすべての国内通話記録の収集を許可する Foreign Intelligence Surveillance Court による非合法的な指示」と主張されている命令を無効とするよう、最高裁判所へ嘆願するものだ。(編集部註:Foreign Intelligence Surveillance Court…外国諜報活動調査法により作られた秘密連邦裁判所、以下 FISC)

EPIC による嘆願書は、とりわけ FISC による命令に焦点を当てている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×