DHS「エネルギー部門への攻撃が増加している」~一般的な攻撃タイプは SQL インジェクション、フィッシング、水飲み場型攻撃(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

DHS「エネルギー部門への攻撃が増加している」~一般的な攻撃タイプは SQL インジェクション、フィッシング、水飲み場型攻撃(The Register)

ICS-CERT へ報告された 2012 年全体のインシデントが 198 件であったことと比較すると、この 6 か月で 200 件を超える報告数は、インシデントが劇的に増加していることを示している。

国際 TheRegister
エネルギー部門をはじめとした重要なインフラに対する攻撃の増加について、米国国土安全保障省(DHS)が ICS-CERT グループを通して報告している。

最新の ICS-CERT Monitor のレポートは、2012 年 10 月から 2013 年 5 月にかけて調査した 200 件以上のインシデントを報告しており、そのうち 53 %はエネルギー部門に対するものだった…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×