プライバシーの専門家、PRISM に対抗するフォントを『アートプロジェクト』と評価~メッセージの強固なセキュリティを本気で望むなら、伝書鳩を買え(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

プライバシーの専門家、PRISM に対抗するフォントを『アートプロジェクト』と評価~メッセージの強固なセキュリティを本気で望むなら、伝書鳩を買え(The Register)

国際 TheRegister

マシンによる読み取りを困難にする「mixed-up フォント」を利用することで、NSA のスパイやハッカーから身を守ろうとする試みは、ほぼ間違いなく失敗に終わるとプライバシーの専門家が話している。

韓国軍の元軍人であり、兵役中に米国国家安全保障局(US National Security Agency、以下 NSA)との連絡機構で働いていた Sang Mun は、コンピュータによるメッセージの読み取りを困難にする目的で、ZXX シリーズのフォントを作り出すことに一年間を費やした。

ZXX フォントは、コンピュータには読み取りが困難だが人間には分かりやすいフォントだ。その点においては、CAPTCHA システム(インターネットユーザーが新しいウェブサービスに登録する際、しばしば入力を要求されるタイプのシステム)と似た方法で働くようデザインされている。

ZXX のテキストは、以下の例(個人セキュリティウォッチャー Graham Cluley が彼のブログの記事で示している)で見られるように、見た目も CAPTCHA に少し似ている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×