クラウド電話APIにSMS機能の提供を開始、なりすましへの対策として認証などに使われることも(KDDIウェブコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

クラウド電話APIにSMS機能の提供を開始、なりすましへの対策として認証などに使われることも(KDDIウェブコミュニケーションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 KDDIウェブコミュニケーションズは27日、クラウド電話API「Twilio(トゥイリオ)」にて「SMS機能」の提供を開始した。

 クラウド電話API「Twilio」は、APIをウェブサイトやアプリケーションなどに実装するだけで、インターネット上から電話をかけたり(アウトバウンド)、電話を受けたり(インバウンド)できるサービス。今回提供を開始するSMS機能では、SMS APIを利用することで、携帯電話番号を宛先としてメッセージを送受信することが可能となる。国内の各通信事業者の携帯電話番号宛ての他、海外の携帯電話番号宛てのSMS送受信にも対応する。

 SMSはなりすましへの対策等にもつながるメッセージング手段のため、認証などに使われることも多い。またSMS機能を利用することにより、O2O施策などにも利用できる。

 なおTwilioのSMS機能は、フォトグラファーの蜷川実花氏が監修した無料のカメラアプリ「cameran」に採用されている。cameranに登録しようとしている利用者に対して、認証番号を記載したSMSを送信し、その認証番号をアプリケーション登録時に入力させることで本人認証を行うとのこと。

クラウド電話API「Twilio」、SMS機能を追加……蜷川実花のカメラアプリ「cameran」の認証にも採用

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×