現金を回収するための「グローバルな税務データ交換」計画が浮上~OECD、データの自動交換のための計画の概要を説明「フォーマットと暗号化に同意できるなら」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

現金を回収するための「グローバルな税務データ交換」計画が浮上~OECD、データの自動交換のための計画の概要を説明「フォーマットと暗号化に同意できるなら」(The Register)

その報告書は、「IT に関連した 2 つの挑戦」が多国間のデータ交換を可能とするキーであると述べている。

国際 TheRegister
世界は多国籍間の税金対策に関して真剣となりつつある。本日(編集部註:6 月 18 日)、経済協力開発機構(Organisation for Economic Co-operation and Development、以下 OECD)は「税の透明性の変化における一歩:多国間の相互関係のための、安全かつ費用効果の良い、標準化された自動交換のモデルの実現」と名づけられた報告書を G8 サミットで発表した。(PDFファイル

このサミットは、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、英国、米国と EU の数か国の代表が出席する、毎年恒例の、そして招待制の地政学的な長談義だ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×