ウェブセキュリティの不手際で、数千人の容疑者と情報提供者の個人情報が漏洩~英国のプライバシー監視屋、サーバ構成で失態(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

ウェブセキュリティの不手際で、数千人の容疑者と情報提供者の個人情報が漏洩~英国のプライバシー監視屋、サーバ構成で失態(The Register)

この初歩的なミスによって、誰もが CCTV の記録映像や画像、また同サービスと契約した会社情報の膨大なキャッシュへアクセスできるようになっていた。

国際 TheRegister
【本誌独占記事】犯罪の容疑者たちの写真、およびインターネットを利用して彼らのことを報告した英国市民たちの詳細情報が、IT での大失敗によって漏洩していたことを The Register が暴く。

Facewatch のウェブサイト(警察と企業が、嫌疑のかけられた軽犯罪の証拠をアップロードし共有することができる)は、ウェブサーバの構成ミスで無防備な状態となっていた。この初歩的なミスによって、誰もが CCTV の記録映像や画像、また同サービスと契約した会社情報の膨大なキャッシュへアクセスできるようになっていた。

El Reg は、容疑者の画像や映像を含む 5,000 近くのデータを 2011 年 5 月まで遡って閲覧することができた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×