落ち着こう、PRISM 自体は大きな問題ではない~しかし、そうだ、もはや Skype は安全ではない…そして GCHQ から目を離すな(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

落ち着こう、PRISM 自体は大きな問題ではない~しかし、そうだ、もはや Skype は安全ではない…そして GCHQ から目を離すな(その 1)(The Register)

NSA は他にも多数の収集プログラムを持っており、そこには CDB で見られるものと同類のディープパケットインスペクション(DPI)システムが含まれている。そのいくつかは 1990 年代の後期に計画された。

国際 TheRegister
【分析】 先週金曜(編集部註:6 月 7 日)Edward Snowden による内部告発で明らかにされた PRISM ――米国国家安全保障局によるウェブコミュニケーションやユーザデータ収集の極秘プログラムであり、米国のトップウェブサービスプロバイダ 9 企業を対象としている――は、記者たちが当初に想定したような、総合的で専制的な監視を行う巨獣のようなものではないらしい。

なぜなら、発表された数字が納得のいくものではないからだ。

そして The Guardian は、PRISM の暴露情報に埋もさせてしまう形で、重要なスクープとなる可能性のあるものを逃したのかもしれない――Microsoft が 70 億ドルで Skype を手に入れた 2011 年、米国政府もまた、以前の安全かつ複雑で、非常に信頼できる IP システムを利用した音声のピアツーピアへ戻るための道を手に入れた可能性がある…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×