落ち着こう、PRISM 自体は大きな問題ではない~しかし、そうだ、もはや Skype は安全ではない…そして GCHQ から目を離すな(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

落ち着こう、PRISM 自体は大きな問題ではない~しかし、そうだ、もはや Skype は安全ではない…そして GCHQ から目を離すな(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【分析】 先週金曜(編集部註:6 月 7 日)Edward Snowden による内部告発で明らかにされた PRISM ――米国国家安全保障局によるウェブコミュニケーションやユーザデータ収集の極秘プログラムであり、米国のトップウェブサービスプロバイダ 9 企業を対象としている――は、記者たちが当初に想定したような、総合的で専制的な監視を行う巨獣のようなものではないらしい。

なぜなら、発表された数字が納得のいくものではないからだ。

そして The Guardian は、PRISM の暴露情報に埋もさせてしまう形で、重要なスクープとなる可能性のあるものを逃したのかもしれない――Microsoft が 70 億ドルで Skype を手に入れた 2011 年、米国政府もまた、以前の安全かつ複雑で、非常に信頼できる IP システムを利用した音声のピアツーピアへ戻るための道を手に入れた可能性がある…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×