全所属への調査により、4本の公用USBの紛失が判明(島根県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

全所属への調査により、4本の公用USBの紛失が判明(島根県)

島根県情報政策課は、公用USBメモリの紛失と管理方法の改善について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
島根県情報政策課は6月4日、公用USBメモリの紛失と管理方法の改善について発表した。これは5月22日、浜田保健所から情報政策課へ公用USBメモリの紛失について連絡があったことを受け、全所属に情報政策課が管理状況の調査を実施したところ、6月3日現在で2,830本中4本、217所属のうち4所属で所在が不明になっていることが判明したというもの。

同課では現在、管理ルールとして「所属長が管理責任者、管理体制を定め、職員へ周知」「庁外持ち出し時の許可簿(データ内容・用途・持出し先)記載と所属長の許可」「個人情報及び非公開情報を保存したものは、台帳管理」「業務上使用するUSBメモリは、公用のものを使用」を定めている。しかし今回の調査結果を受け、これらを改善することも詳細に発表している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×