Motorola がタトゥ型の電子認証と、「飲める」電子認証のハードウェアを公開~モバイル業界は終末の世界で長いゲームをプレイする(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

Motorola がタトゥ型の電子認証と、「飲める」電子認証のハードウェアを公開~モバイル業界は終末の世界で長いゲームをプレイする(The Register)

国際 TheRegister

Motorola は、パスワードを送るための手段として人体を利用した電子認証のタトゥ、および錠剤(米食品医薬品局の認可を取得済)を公開した。スマートフォンの新世代が、このように着用できる――または食べられる――テクノロジーへ向かうことに期待している、と同社は話している。

【画像】その「刻印」(Motorola の電子認証タトゥ)

Regina Dugan――DARPA 初の女性ディレクターとなった人物で、昨年 Chocolate Factory(編集部註:Google)へ移った――は D11 カンファレンスで、「デバイスが大量に存在する中、その認証は単純化される必要がある」と主張した。平均的なユーザーは一日あたり 39 回のサインオンをしなければならず、そのたびに一回あたり 2、3 秒(そのユーザーがパスワードを覚えているなら)を費やしている。

それを噛み砕くと、つまり彼女は身体にタトゥを入れること、あるいは認証のためのピルを服用することが、「たいへん無駄に費やされる貴重な数秒間」を節約する方法だと提案している。この業界は 40 年前から使われてきたものと同じログイン技術をいまだに利用したまま、そこで(答えを見出せずに)立ち往生しており、そして Motorola はその答えを――または少なくとも、それを提供するパートナーを――知っている、と彼女は述べた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  7. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  8. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  9. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×