Google、今年中に SSL 証明書の暗号化キーの長さを倍に~標準となるのは 2048 ビットキー(The Register) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

Google、今年中に SSL 証明書の暗号化キーの長さを倍に~標準となるのは 2048 ビットキー(The Register)

とはいえ、それは単なる推測であり、NIST は切り替えを早めることを望んできた(当初の推移期日は 2010 年であった)。しかし、1,024 ビットの基準は非常に遍在的であったため、そのスケジュールは今年の終わりまで持ち越された。

国際 TheRegister
Google が、ここ最近では久しぶりに SSL 証明書システムのアップグレードを始めようとしており、2013 年中には 2048 ビット暗号キーへと移行される。初回分の切り換えは 8 月 1 日に行われる予定だ。

新しい必要条件は、ブログの記事と FAQ のトピックに提示されている。また、そのアップグレードは米国国立標準技術研究所 (NIST:National Institute of Standards and Technology) のガイドラインに基づいて、1024 ビットキーからのアップグレードを行う際に、それらすべての SSL 証明書は Google のルート証明書を参照するという…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×