Google、今年中に SSL 証明書の暗号化キーの長さを倍に~標準となるのは 2048 ビットキー(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

Google、今年中に SSL 証明書の暗号化キーの長さを倍に~標準となるのは 2048 ビットキー(The Register)

とはいえ、それは単なる推測であり、NIST は切り替えを早めることを望んできた(当初の推移期日は 2010 年であった)。しかし、1,024 ビットの基準は非常に遍在的であったため、そのスケジュールは今年の終わりまで持ち越された。

国際 TheRegister
Google が、ここ最近では久しぶりに SSL 証明書システムのアップグレードを始めようとしており、2013 年中には 2048 ビット暗号キーへと移行される。初回分の切り換えは 8 月 1 日に行われる予定だ。

新しい必要条件は、ブログの記事と FAQ のトピックに提示されている。また、そのアップグレードは米国国立標準技術研究所 (NIST:National Institute of Standards and Technology) のガイドラインに基づいて、1024 ビットキーからのアップグレードを行う際に、それらすべての SSL 証明書は Google のルート証明書を参照するという…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×