記録は明かす「英国のスパイはエドワード 8 世の電話を盗聴していた」~そしてチャーチルとスターリンはモスクワでみっちりと痛飲(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

記録は明かす「英国のスパイはエドワード 8 世の電話を盗聴していた」~そしてチャーチルとスターリンはモスクワでみっちりと痛飲(The Register)

国際 TheRegister

英国政府が国王エドワード 8 世の電話を盗聴していたということが、ほぼ 80 年に渡って隠されてきたインテリジェンスファイルによって明らかとなった。その盗聴は、彼が退位へ向かっている時期に行われたものだった。

ジャーナリストによる、エドワード 8 世の退位に関する電報の画像
王の退位を確証する Neil Forbes Grant(後述)の電報。

(当時の)政府当局者は、エドワードが何をするつもりなのか、またどのようなニュースが流れることになるのかを案じ、あきらかなパニック状態に陥っていた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×