Facebook を利用する十代は、自身を無防備に晒して――基本、そのまんま~「若者たちは過剰に共有する」驚くべき調査結果(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Facebook を利用する十代は、自身を無防備に晒して――基本、そのまんま~「若者たちは過剰に共有する」驚くべき調査結果(The Register)

それでも、このサイトはいまも多くの社会関係の構築が行われる場所であり、十代の若者たちは、疎外されないためには Facebook に居続けなければならないと感じている」

国際 TheRegister
「十代の子供たちは以前にも増して、結果への配慮をほとんど持たぬまま、より個人的な情報をソーシャルメディアに渡している」という、さほど意外でもない調査結果が出た。

十代の若者たちは、自身の Facebook のアカウントを利用する際、電話番号や写真、その他の機微データを不注意に漏洩していると Pew Foundation は報告書の中で指摘している。

現在、そこにメールアドレスを掲載する青少年たちの数は 2006 年と比較してほぼ倍となっている。その一方、自らの電話番号をオンラインでも閲覧可能にしている数は 10 倍にも増えたと Pew は語っている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×