関東の一部地域で4G LTE対応端末のLTEデータ通信サービスが繋がりにくい状況に、原因はパケットデータ設備故障(KDDI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

関東の一部地域で4G LTE対応端末のLTEデータ通信サービスが繋がりにくい状況に、原因はパケットデータ設備故障(KDDI)

 KDDIは29日6時50分、関東の一部地域で4G LTE対応端末のLTEデータ通信サービスが繋がりにくい状況になっていることを公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 KDDIは29日6時50分、関東の一部地域で4G LTE対応端末のLTEデータ通信サービスが繋がりにくい状況になっていることを公表した。

 トラブル発生は、5月29日5時20分からで、現在も続いている模様。影響エリアは東京都、神奈川県、山梨県の一部。Eメール、インターネットのサービスは、3Gを使うことで通常どおり利用可能となっている。最大約56万回線に影響があると見られる。

 原因については、「パケットデータ設備故障」で、「詳細は調査中」とのこと。KDDIでは4月27日にも、同エリアで同種のシステム障害が発生している。

[通信障害]KDDI、関東一部でLTEがつながりにくい状況に……最大約56万に影響

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×