頻発するアカウントのっとりを防ぐため「2段階認証」を開始、ただし日本では未採用(Twitter) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

頻発するアカウントのっとりを防ぐため「2段階認証」を開始、ただし日本では未採用(Twitter)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 Twitterは23日、日本以外で「2段階認証」が始まったことを発表した。頻発するアカウントののっとりを防ぐための措置だとしている。

 「2段階認証」とは、サイトでのパスワード確認(1段階)だけではなく、パスワード確認に加え登録したメールに送られたデータの入力(2段階)などにより、より確実に本人確認を行うプロセスだ。

 Twitterではいままで、パスワード文字列や運用方法の見直し、サービス連携の確認、不正スパムメールへの注意などを呼びかけていたが、同社側で実行できる措置として、2段階認証システムを採用することにしたとしている。2段階目の認証では、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)に送られた6桁の数字を入力する必要がある。

 ただし2段階認証は今回、日本では未採用となっている。Twitterでは「できるだけ早く、より安全な方法がご利用になれるように努力しておりますので、もうしばらくお待ちください」と、日本でも近日中に採用する方針であることを明らかにしている。

Twitter、「2段階認証」に移行……日本でも近日中に採用する方針

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×