インドが「Huawei と ZTE を調査する国リスト」に仲間入り~新しい研究所は、すべての「外国製」キットを検査するらしい(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

インドが「Huawei と ZTE を調査する国リスト」に仲間入り~新しい研究所は、すべての「外国製」キットを検査するらしい(The Register)

インドの情報通信省(India's Department of Telecommunications)は、内閣からの要請に応え、「スパイウェア、マルウェア、および盗聴ソフトウェア」がテレコムキットに存在しているかどうかを検査するための研究所を設立するだろう

国際 TheRegister
「中国企業である Huawei や ZTE のテレコムキットの導入を許可することに懸念を抱く国々」のリストに、インドが加わった。

米国では、安全保障上の懸念を理由に――本当の理由は地元の企業を保護するためだと多くの人々は感じ取っているものの――、その二社が(米国内から)海外へ通信するための契約を獲得することを禁じている。

オーストラリアでは、セキュリティ問題を理由に、同国で新しく生まれた全国ブロードバンドネットワークが Huawei によって供給されることを禁止した…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×