インド、セントラル監視システム(Central Monitoring System)を導入~電話、テキスト、メール、さらにはソーシャルメディアまで、いま全てが詮索可能に(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

インド、セントラル監視システム(Central Monitoring System)を導入~電話、テキスト、メール、さらにはソーシャルメディアまで、いま全てが詮索可能に(The Register)

国際 TheRegister

「国家の安全」の名において、インド政府がひそかに 40 億ルピー(4,780 万ポンド)の Central Monitoring System(CMS)を構築しはじめたことを受け、プライバシー保護団体が憤慨している。それは当局に、国民の通話とインターネット通信への包括的なアクセスを与える目的で設計されたものだ。(編集部註:40 億ルピー…約 75 億円)

この計画は当初、150 人以上の死傷者と数百人もの負傷者を出した 2008 年のムンバイ同時多発テロのようなテロリズムの脅威に対抗するために考案されたものと思われる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×